浴衣の帯結びの色々


片流し 片流し
この結び方は蝶々結びのバリエーションで出来ます。 コツというほどではないですけど、リバーシブル仕立てになっている、厚手の帯の方が綺麗に仕上がると思います。
吉弥結び 吉弥結び(きっちゃむすび)
半幅帯や小袋帯で結ぶ、ちょっと落ち着いた帯結びです。帯締めを使用しますので、普通の浴衣の帯結びよりも畏まった感じがでます^^。
☆手先二つ折りにして、5〜60cmぐらいを背中心に当てる。
☆胴に二巻きして、たれを動かしてたれで結びます。
吉弥結び ☆たれ先をおはしょりが隠れるぐらいに合わせて、残りをもちあげる。
☆二枚重なったたれを斜め下に折り、さらに折りあげる。
☆手先もその上に重ねて折りあげる。
☆手先とたれを押さえる様に帯締めを巻く。
*帯締めは細いものか、目の粗い夏用のものを使用したほうがイイです^^。
(イラストではわかりやすいように斜めの視点になっていますが、実際には身体の中心で行ってください。*最初の完成図を参考にしてください。)
創作結び 創作結び「朝顔」
帯の長さがたっぷりあるときや、小さい女の子に結んであげてください^^。
まず手先の方をくるくると巻いてゴムで留め、花を作ります。
この時ゴムは必ず綿ゴム(いわゆるパンツのゴム^^)を使ってください。
輪ゴムでは帯が傷みます。
花を背に当てて、その花を押さえるように何回か胴に巻きます。
巻き終わりは花と背中の間に挟んで垂らし、解けないように可愛い紐で結びましょう♪
リバーシブルの帯 最近はカラフルなリバーシブルの帯が沢山あります^^。
この帯はイラストのようにわざと折り返したりずらしたりして、表情を出したりも出来ます。
いろいろ試してみてくださいね。


浴衣の帯結びその2へ

とまさん着物学院に戻る
inserted by FC2 system