小物のお話「帯締め・帯揚げ・伊達衿について」
小物の名前 帯揚げにはフラットなタイプの「綸子(りんず)」、くしゅくしゅっとなっている「絞り(しぼり)」、その中間位の「縮緬(ちりめん)」などがあります。各種類の中でも色や地紋、また染め等で細かく分かれています。これらはTPOに合わせて使っていきます。
帯締めには丸いもの、平たいもの、布で袋状に作って中に綿を詰めたもの(丸くけ)などがあります。これらは色、太さなどで区別していきます。
伊達衿(重ね衿)とは昔着物を重ね着していたときの名残といわれています。着物姿を少し華やかにしたいときに使います。一〜二枚重ねて着物にあらかじめ取りつけておいて使います。
帯留めは帯締めにつけて使います。帯留めをする時は帯締めは背中側で見えないように帯の中で結びます。ただし帯留めは正式の場や儀式などでは使えません。


帯締めと帯揚げの結びかたのバリエーション

帯揚げと帯締め2 帯揚げ
■本結び・・・一番オーソドックスな結び方。まず衿合わせと同じく左を上に重ねて普通に結ぶ。
結び方はこちら

帯締め
■本結び・・・一番オーソドックスな結び方。まず衿合わせと同じく左を上に重ねて普通に結ぶ。
結び方はこちら
帯揚げと帯締め3 帯揚げ
■いりく結び・・・中心の重なりが「入」と言う字に見える事からこう呼ばれる

帯締め
■藤結び・・・振袖など、華やかな席に向いている結び方。
結び方はこちら
帯揚げと帯締め4 帯揚げ
■一文字結び・・・振袖など華やかな席の向いている結び方。

帯締め
■創作結び〜ねじり〜
一本を軸にしてもう一本をくるくると巻きつけていく。最後に房を好みに整える。
帯揚げと帯締め5 帯揚げ
■ひとからげ

帯締め
■創作結び〜蝶〜
普通に蝶結びをします。長さに余裕があれば端の方で輪を作り房を上向きにすると蝶の触覚のようになります

伊達衿(重ね衿)のつけかた。

伊達衿
  • 伊達衿は襟幅に合わせて縦長に二つに折っておきます。(あらかじめ折って縫い付けたものもあります。)
  • 輪を上にして(縫い目を下にして)伊達衿の中心と背中心とを付属のクリップで留めます。クリップは伊達衿の裏側と着物の裏地の縫い目にくぐらせるように留めます。 伊達衿が最初から縫ってあるものは縫い目の中に押しこんでください。
  • 中心から両側に同じようにクリップを留めます。大きく衿がカーブしている所(衿肩あき)よりも中心寄りに留めます。合計3本のクリップを使います。
  • クリップがない場合はクリップをつけるはずのところを糸で縫いとめます。 その時も着物側は裏地だけを糸ですくって縫いつけてください。



きもの学院TOPに戻る
inserted by FC2 system