では着てみましょうか?
まずは肌着から長襦袢までを着付けましょう。
長襦袢の着付けは大切です。
ここでしっかりと着付けておけば後は着物は添わせるだけですよ(^^)


肌着〜長襦袢の着付け
着付け
  • 下着に決まりはありませんが、ブラジャーははずしたほうが絶対!楽です!ショーツははきこみの浅いものがよいと思います。
  • まず足袋からはきます。
  • 次に裾よけ、肌襦袢の順にきていきます。肌襦袢に紐は使いません。


*補正をする方はこのときにします。
[補正について]
着付け 長襦袢を羽織ります。両袖を持って両側に引いて背中心の縫い目がきちんと真ん中に来るように合わせてください。

*長襦袢に半襟は付いていますか?襟芯は内側に差し込んでますか?
[半襟のつけ方]
着付け
  • 右を下、左を上に合わせます。
  • バストの高い位置で紐をします。紐は前から背中に回して後ろで交差、少し間を空けて前で結びます。
  • しっかり結べたら後ろ手で背中心を下に引き、衣紋を抜きます。
着付け
*ポイント*
  • 前の襟のあわせは基本的には喉のくぼみ辺りで交差するようにします。
    (一般に若い方はそれよりもやや上、年配の方はやや下にするようです。)
  • 衣紋はこぶしがひとつ入るくらい抜きます。


着物の着付け
着付け 長襦袢の胸紐の上を押さえるようにして伊達締めをしっかりと結びます。
伊達締めは前からまわし、背中で交差、前でねじってはさんでおきます。
着付け
  • 長襦袢の襟を壊さないように方からそっと着物を羽織ります。
  • 両袖を両手で両側に引きます。
  • 後ろ手で背中心の縫い目を確かめながら、着物をきちんと体の真ん中にあわせます。
着付け
  • 襟先をしっかりともって着物を持ち上げます。
  • 腰から下をきっちりと添わせます。
  • 丈の長さは着物の種類によって違いますが、小紋でしたら足の甲にかかるくらいがよいと思います。
着付け
  • まず上になるほうの見ごろを体の真ん中に来るようにあわせます。
  • 斜めにならないようにまっすぐあわせてください。
  • 着物がたるまないように右手はしっかりと着物を引っ張ってください。
着付け
  • 右と左の見ごろを入れ替えます。
着付け
  • 腰骨の位置に思いっきり!しっかり!と腰紐を二回巻で締めます。


!!!ウェストに紐をするとものすごく苦しいので気をつけましょう!!!
着付け
  • 身八つ口(脇のあいているところ)から手を入れておはしょりを整えます。
  • 次に襟を整えます。後ろは半襟が見えないように、前は斜めに少しづつだして一番たくさん出ているところで1〜2センチくらい。
  • 広襟は背中心のところで半分(大抵ホックが付いています)に、かけ襟(襟にある継ぎ目のようなところ)の辺りで幅を3分の2くらいにして後は自然に襟先まで流します。
着付け
  • 胸紐をかけます。
  • 長襦袢の時と同じように前からまわし、背中で交差、前で間をあけて結びます。
着付け 伊達締めをしっかりと締めます。 着付け 帯板をつけます。(ゴムの紐が付いているものの方が便利です。もし付いていないときはご自分でつけてみてください。)



HOME
inserted by FC2 system