袴について・・・




男性の礼装は【既婚・未婚】【慶事・弔事】の区別は無く、皆、紋付羽織・袴が正式です。
また最近では卒業式や謝恩会などで女性も袴を着用する事が多くなっています。
ここでは袴のチョットした知識と、着付、しまい方をお稽古しましょう^^。
また七五三などの子供の袴もまったく同じですので、どうぞ参考になさってください。


袴イラスト
    袴には大きく分けて
  • 行灯袴(あんどんはかま)・・・スカート状になっているもの
  • 襠有袴(まちありはかま)・・・裾下より30cmぐらいがズボン状になっているもの
  • 馬乗袴(うまのりはかま)・・・股下からすぐにズボン状になっているもの
があり、襠有袴が正式のものです。行灯型は普段用。馬乗は戦用(現在では武道につかわれているもの)です。
    柄は無地か縦縞になりますが、
  • 慶事には縞の太いものを
  • 弔事には縞の細い物を
    使用します。
女性用は行灯袴がほとんどだと思います。
(と・・いうことは本来なら女性の袴姿は礼装ではないということです^^;。)
色も様々な物があり、これは着物に合わせてコーディネートしてください


袴の作りですが、はかまの前後ってわかりにくいデスよね。
そこで、イラストを見ていただくとわかるかと思いますが、 後ろには後ろ板と呼ばれる、堅い部分がついています。(女性用は男性用よりも小さく柔らかいものが付いています。)さらに「べら」と 呼ばれるプラスティック上のちっこい靴べら(笑)みたいなのが付いているものも有ります。これは帯に挟んで袴のズレを防ぐものです。 また、前のひだは大体五本、後ろは1〜3本です。

☆さあ!!いよいよ袴の着付に挑戦しましょう!!☆
女性袴 女性着付にGO! 男性袴 男性着付にGO!


きもの学院にもどる
inserted by FC2 system